株式会社杜丸不動産

多分お前はまだグンマ町ら辺を知らない

杜丸コラム第一回

『この街の魅力を語るなら・・モリマルのほかに誰がやる!?』 記念すべき杜丸コラム第一回目!『多分お前はまだグンマ町ら辺を知らない』。みなさんまだご存じじゃないかもしれませんが、地元の方は思わず頷くこの街に暮らして、良かった~~!(ブルゾンちえみ風)リアル住民達の本音トークをお届け。この街を熟知している不動産屋さんの旧群馬町民・前橋西部市民・箕郷町民・榛東村民だからこそ繰り広げられる魅力と自虐は必見!

              

社長って群馬町の生き字引きってヤーツ!?の巻

 

―――今回“このエリアの魅力を語りつくそう!発信しよう!”ということでこのような対談の場ができました。初回なので、あえてざっくりと聞かせていただきますが、この街のこのエリアの魅力って、何だと思いますか?

田中:この辺の人がみんなよく言うのは、「何もないところが、いい」ってことですね。

-

水落:あー。ほどよく田舎で、でもどこにでも行きやすいっていうところ。

-

田中:にぎやかすぎず、ほどよく便利だから、住むのはやっぱりここがいいってみんな思ってるみたいですよ。

-

水落:確かに、イオンもできてとりあえず揃ってるっていう感じもありますし。

-

社長:イオンができたのが10年くらい前、確か平成18年(※編集部注①)くらい前。でも10年以上住んでる人もいっぱいいるもんね。群馬町の人口ってここ10年は横ばいか数百人単位で減ったかもしれないけどずっと増え続けてるもんね。(※編集部注②)。

-

一同:へぇー!

-

高渋?VS渋高?意外とアクセス良好な立地!の巻

―――魅力があるってこと、ですね 。立地的にはどうですか?

田中:住んでる自分たちはここがイイ!っていうのは特にないんだけど(笑)。

-

社長:こういうところは箕郷も榛東も同じだよね。県庁のある前橋と商業都市である高崎とをつないでいるのが群馬町ってこと。で、西に榛名山があってその裾野に広がってるのが箕郷と榛東と吉岡とっていう。

-

水落:伊香保温泉にも30分で行けるし、ホントにちょっと行くとなんでもあります。

-

社長:群馬町の南エリアはどう?全然違うんじゃない?

-

一同:あー。

-

水落:全然便利ですもんね、“おマチ”のイメージですよね(笑)。

-

田中:街自体が便利だから住んでるって南エリアに住んでる友達も言ってましたよ。ちょっと行くと高崎駅とか問屋町とかですしね。

-

染川:そうですね!で、秋にはオーパもできるので楽しみですね。

-

―――あー、そうですね!

-

染川:ただ…、高渋線が混むんですよー!

-

社長:でもバイパスできて、三ツ寺の信号のところも広がって、違ってはくるよね。

-

―――ところで、高渋線って言いますよね?渋高線ではないですよね?

-

一同:あー!

-

―――そうです、たかしぶ・しぶたか問題。

-

田中:渋川の人は渋高線って言うんですけど、この辺の人は絶対に高渋線です。

-

―――上り下りの意識が全然真逆ってことですねえ。

-

水落:うちのが“おマチ”よって、どっちも思ってるってことですよね(笑)

-

社長:この問題はあとでアンケートとろう!(※編集部注③)

-

対談風景

▲左写真:この街のことについて熱く語る森田社長(左)感心しすぎて口があいたままのライター堤(右)

右写真:箕郷代表、田中が熱く語る(右)杜丸のニューフェイス!最年少の染川(左)そしてマルオも参加中

ドラマ・映画化 「お前はまだグンマを知らない」の巻

―――あと、「お前はまだグンマを知らない」みたいなので群馬町ネタとかないですか?

水落:まわりからディスられることってことですよね。あ、この辺の人はみんな立ちこぎです!!

-

―――自転車ですか!?えッ!いつも立ちこぎなんですか!?!?

田中:そうです。なんなら行きは一回もこがないです。

-

―――!?えーーーーッ!

一同:(そうそう、と賛同)

-

社長:行き先にもよるけど、確かにそうだよね。

-

―――(心底びっくり)

社長:あとさ、トリプルぐんま。珍しかったんだよね。群馬県群馬郡群馬町って。全国的にもあんまりないみたいだよ。(※編集部注④)

-

―――あっ、そうですね!

社長:群馬県群馬郡群馬町って画数多いんだよ!あと、群と郡の使い分けとかやなの!

-

―――あー…なるほど。でも今はぐんまのぐの字もなくなっちゃったんですね。

社長:そうだね、合併したのが、えーと平成18年ぐらいだから、(※編集部注⑤)もう11年前か!

-

対談風景

▲気になることはすぐ検索!これぞネット不動産!

高崎派?前橋派?謎の2択の巻

社長:ところで、高崎派?前橋派?

-

―――????えっ、なんですか?派閥があるんですか?

田中:わたしは高崎です

-

水落:あ、わたしもです。

-

社長:おれ前橋なんだよなー。

-

染川:あ、でもわたしも前橋です。

-

―――なんですか!?その分け方は!?

水落:買い物とかちょっとまちに出るときにどっちに行くかっていうことです。

-

―――あーどっちにも行きやすいから、“どっち派”みたいなのが生まれるんですね。選べるなんて羨ましい。(※編集部注⑥)

対談風景

▲モーニング娘。ならぬモ―リマル娘。(元)達。人気アプリ『SNOW』を使い、本人たちは現役アピールに余念がありません…笑

ライター堤が羨ましくて身もだえしてしまったところで今回の座談会はお時間となりました。次回は、「教育、子育て」にテーマをしぼって魅力を語り合ってみたいと思います。地元民だから知っているお得情報もコッソリまじえてお届けします。乞うご期待☆

※①イオンは平成18年10月にオープンしました。正確な記憶力ですね。

※②群馬町地域の人口推移は、平成29年36,568人、平成19年37,076人、平成17年36,463人、平成7年33,051人、平成2年29,987人昭和55年25,253人、昭和45年16,101人(資料提供:群馬支所・地域振興課)でした。なんと正確な分析!

※③近日実現予定です。有言実行。

※④その場できっちり調べてくださいました。全国に現存で2ヶ所だそうです。

※⑤これまたかなり正確なご記憶でした。平成18年1月の合併です。

※⑥筆者の出身地富岡では、町へ出るといったら高崎しかありません。

会話内では旧群馬町のことを「群馬町」と表記しています。

ページトップ

page top