株式会社杜丸不動産

『マイホーム購入にまつわる『税』のギモン!』

杜丸コラム第二十三回

11月も下旬、朝晩はかなり寒くなってきましたね。杜丸の事務所ではアラジンストーブが活躍しています♪
さて、今回のコラムはマイホーム購入時に支払う税金や住宅ローン控除など、税のあれこれについて某スタッフの実体験とともに語ります。
「あの書類どこやったかな~?」「そんなのも必要なの~?」なんて気づきがあるかもしれませんので要チェックです!
今年もあと一ヶ月ちょっと!年末調整や確定申告の時に慌てなくて済むかも(^^♪ではどうぞ~

              

久しぶりのスタッフ全員集合!の巻。

―――店長、お久しぶりです。前回、前々回のコラムに加えてラーメン企画もいなかったので、夏ぶりの登場ですね!

-

店長:お久しぶりですー!そうなんですよ、ラーメン食べられずじまいで…(泣)。そういえば社長、ぐんまマラソンお疲れさまでした!

-

一同:お疲れさまでした!

-

社長:みなさん応援ありがとうございました!おかげさまで走り切りました!

-

姐さん:フルマラソン完走できちゃうってホントすごいですよね。

-

店長:走り切ったら気持ち良いんだろうなとは思うんですけど…なかなか実行には移せないです。

-

社長:そう、その走り切った時の達成感があるからやめられないんだよね~。走ってるときは足も痛いし苦しいしもう絶対やらない!と思うんだけど、ゴールした瞬間は「次は何のレース出ようかな?」って考えてる。

-

一同:へえ~!

-

社長:だから次の日にはもう『はるな梅マラソン』にエントリーしたよ!

-

拍手

▲社長ぐんまマラソン完走おめでとうございます!毎年増える完走賞♪

『マイホーム探し中』の段階で気にしておくべきこと!の巻

―――さっそくですが、今回はマイホーム購入に関する税金のことや給付金のこと、分かりにくいこと、覚えておいて欲しいことなんかをお話したいと思います。店長、よろしいですか?

-

店長:はい!普段仕事でお客さまに説明してるのと、実際にご自身でやるのとでは流れや順番なんかも人それぞれだし、必要書類が変わってくることもあるので、確かに難しいですね…。

-

一同:うんうん(頷く)

-

社長:杜丸スタッフの中でも何人かマイホームを取得してるけど、税制は毎年変わるし、それが良かったのか悪かったのかは結局、個人個人で違うからね。

-

いー:そうですね。

-

社長:ただ、“今あるものがどうなのか”っていうのは不動産のプロとして我々がお客さまに伝えていかなきゃいけないことだからさ。

-

店長:このコラムで話すこともあくまで今年のことで、来年は変わるものも中にはありますからね。

-

社長:その通り。それでもこんな税制度があるんだなぁ~って聞いたことあるだけでもいざって時違うからね!

-

―――ではまず、絶賛マイホーム探し中!の方が気にすべきことですね。お探し中の方でご両親やご祖父母等から「マイホーム資金の援助がある♪」って方は要注意ですよね!!

-

ソメ:たまにいらっしゃいますよね!うらやましい…(笑)

-

店長:そうですね。基本的に個人から財産をもらったときには“贈与税”が発生します。 ですが、住宅取得のためにもらった場合は最大3000万円まで非課税になるんです!(一定要件あり)

-

姐さん:だから親やおじいちゃん、おばあちゃんが資金援助してくれる、なんて話が出てる場合は、購入前によく確認しておくといいですよね。

-

社長:誰からもらっても良いわけじゃなくて、血のつながった父母・祖父母から贈与を受けた場合だから、旦那さん名義の家を買うために奥さんのお義父さんから援助を受けると、原則、贈与税はかかっちゃう。

-

いー:これって建物だけじゃなくて、住宅を建てるために購入した土地にも、もらったお金を充てていいんですよね?

-

社長:うん、今は家を建てるための土地の購入なら非課税になる。でも昔はダメで、土地購入に充てた分は贈与税がかかったんだよ。

-

店長:建物だけなのか、土地にも使っていいのか、最大いくらまで非課税になるのかとか、そういう細かいところが毎年変わってくるので確認しないとですね。

-

社長:来年の4月以降は、この最大3000万円が1500万円になっちゃうしね。

-

対談風景

▲社長「税制は細かいところが変わったりするから、その都度確認が必要!」

『マイホーム購入~引渡し』が済んだら、『すまい給付金』の申請!の巻

―――マイホーム購入から引渡しを受ける間に支払う税金がありますよね。

-

姐さん:契約書を交わすときにかかる『印紙税』と、登記したときにかかる『登録免許税』ですね。

-

基本的に仲介業社や司法書士さんが入っていれば納税通知や税務署にいかなきゃいけないものではないので参考までに。

-

店長:登記が完了すると、司法書士の先生から完了通知とともに「全部事項証明書(登記簿謄本)」の原本が届く場合が多いです!すまい給付金の申請をするときに謄本の提出が必要になるので、届いたらスグこれを使うのがオススメです!

-

社長:申請に使える謄本は発行から3ヶ月以内のものだもんね。

-

店長:そうなんです…。届いてからすぐにやっておけばいいものを後回しにしてたら3ヶ月過ぎちゃって、法務局に取りに行きました。

-

ソメ:私も取りに行きました~(笑)

-

いー:1通600円で、このほかにも住民票なども必要になるから地味に高い…。

-

―――そうすると、引渡しを受けてからまず手続きしたのは『すまい給付金』の申請ですか?

-

店長:そうですね。申請期限が引渡しを終えた日(=住民票を移動した日)から1年以内(現在は1年3ヶ月に延長中)なので、謄本が届いてから早めにやりました!

-

ソメ:店長どこで申請しました?

-

店長:大渡の建設技術センター(※)です!郵送での申請もできるので忙しい方にはそちらがオススメですが、勉強の為に窓口に行ったよ!要予約のなので注意ですね。

-

姐さん:そうそう、あと引渡しまでの間にたっくさん書類をもらうんですよね…

-

ソメ:もらいますね~!

-

店長:これを棚の奥の方にしまい込んじゃうと手続きの時に書類全部ひっくり返すことになります(笑)

-

いー:確かに、「あれどこだっけ?」「銀行にもらったっけ?業者にもらったっけ?」ってわからなくなりそう…。

-

実際どこにしまったかわからなくなりました…というお客さんもいらっしゃいました( ;∀;)

-

姐さん:新築だと引渡しから2~3ヶ月くらいで市の職員さんが家屋調査に来ますよね?

-

店長:そうですそうです、登記された場所にきちんと家が建っているかとか現地確認に来ます。うちにも来ました!

-

姐さん:中も見ました?

-

店長:中も見ていきましたよ!

-

ソメ:このときに家の間取りが分かる平面図とか立面図とか、仕様書なんかを見せてくださいって言われることがあるんですよね?

-

店長:そう!だから受け取った書類が分からなくならないように保管しておくことがどれだけ大切か…。

-

―――痛感してますね (笑)

-

必要書類

▲マルオ「たくさんの書類のなかでも、とくにこれらはいろんな手続きに必要とされるよ!」

買って終わりじゃない!『不動産取得税』と『固定資産税』のこと。の巻

いー:土地や家を取得してまず自分で払いにいくものといえば『不動産取得税』がありますよね。

-

姐さん:そうですね。不動産取得税にも軽減措置があるんですけど、通知書に「あなたは減税対象です」とは書いてないので、分からない人も多いと思います。

-

店長:しかも新築の場合、建物は控除された金額で請求がきて、土地は控除されていない金額で請求が来るので、自分で申告しに行くことを忘れないよう注意です!

-

社長:たぶん不動産取得税が一番分かりづらいよね。だから俺はいつもお客さまに、春か秋に通知書が届くから、届いたら連絡してくださいって伝えてる。控除できるかどうかとか、控除額の計算とか見てあげられるから。

-

一同:うんうん(頷く)

-

店長:固定資産税も春に1年分の納付書が届きます。これは“名義人”に対して来るので、夫婦連名で購入された場合はそれぞれに来るんですよね。

-

姐さん:連名で持たれる方もいますからね。

-

書類一覧

▲不動産取得税の通知はこんな感じで届きます。年間支払いスケジュールもあるので参考に!

『住宅ローン控除』等を利用して、所得税の負担を軽くしよう!の巻

―――あと忘れずに手続きして欲しいのが、『住宅ローン控除』ですね!店長も今年度末に確定申告ですよね?

-

店長:絶賛、書類の準備中です(笑)

-

姐さん:今年、住宅を購入した方で住宅ローン等を10年以上組んでいる、もしくは認定長期優良住宅に該当する方は、所得控除の対象になる可能性が高いので調べてみるといいですよ。

-

店長:今年度は2/17~3/16が確定申告の期間なんですけど、まだまだ先だ~なんて思ってるとすぐ2月になっちゃいますからね。

-

いー:いまの時期から準備し始めちゃった方がいいですね。

-

社長:ちなみに確定申告は5年分遡れるからね。何年か前に、住宅ローン控除を知らなかったって人がいて、手続きのことアドバイスしてあげたら、5年分の控除額が戻ってきたっていうこともあったよ。

-

店長:地震保険も所得控除の対象だから年末調整の時に控除証明書を忘れないように注意ですよね!証券と一緒に加入時くらいのタイミングで届く場合もありますし。

-

姐さん:住宅ローン控除については、初年度にやり忘れても諦めちゃうのはもったいないですね!

-

社長:あとは分かんなかったら税務署でも不動産屋でもいいから相談すればいいと思う。

-

ソメ:そうですね。

-

社長:マイホームって夢のような買い物である反面、住宅ローンを組めば多額の借金をするわけだ。プランニングとか設備を考えるのも楽しいんだけど、本当に大事なのはずっとついて回るローンや税金関係のことだと思うんだよね。

-

店長:所有してる限りずっとですからね。

-

社長:税金なんか小難しいから、調べるのもやんなっちゃう気持ちは分かるし、いちいち覚えるのも面倒だと思うから、分からなかったらとにかく相談に来て欲しいなって思う。

-

姐さん:そうですね、調べて分からなくて控除受けられなかった、ってなるより、分かる人に聞いて、もらえるものもらえたほうがいいですもんね!

-

おっきなお腹、店長いってらっしゃい!の巻

店長:そうだそうだ、●●の件ってさ~(デスクの方に戻る)

-

―――あ、それは△△だったので、××しておきました。それでこれは…で…これが…(引き継ぎ事項の打ち合わせ中)

-

姐さん:店長~~~~!!!!(大きな袋を渡す)

-

店長:え~~~~~~!!なんですか~~~~~!!

-

ソメ:杜丸みんなからのプレゼントです♪

-

店長:わ~~~~~!!ありがとうございます~~~~~~~!

-

プレゼント

▲プレゼントはLeeの抱っこ紐♪店長「産んだら痩せないと~!」

*以下、参考ページリンク*

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

印紙税

登録免許税

すまい給付金

杜丸コラム21回『大事な買い物は慌てずに。気になる増税前トーク!』

不動産取得税

固定資産税・都市計画税

住宅を新築又は新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)

※………詳細は当社HP「地域情報」ページのマップ内に情報があります。ぜひご覧ください♪インスタグラムにも公開中です!フォローいいねお待ちしてます!

-

地域情報
ページトップ

page top